価格が高い補聴器と安い補聴器の違い、知りたい

A. 補聴器の価格の差は補聴器に搭載されている機能、性能の違いです。

価格の高い補聴器はまわりの雑音 を自動的に抑制する機能や、 ハウリング (ピーピー音) を抑える機能など、より自然に聞こえる最新の機能、 そして、一人ひとりの聴力にあわせて音質をきめ細か く調整できる機能などが搭載されています。 また、 耳あな型補聴器は一人ひとりの耳の形状や「聞こえ」 の程度にあわせて、 オーダーメイドで製作されますの で、 他のタイプに比べ一般的に高価になります。 しかし、 補聴器を購入される場合は、 価格よりもお使いになる方の「聞こえ」の程度と使用目的にあった器種を選ぶことをおすすめします。

補聴器は消費税がかからない?!

補聴器の購入や修理にかかる費用は非課税対象となっていますの で、消費税はかかりません*注)。 (ただし、 電池や乾燥ケース等消 耗品やアクセサリー類は課税対象となります。)

補聴器を購入される際の補助制度

健康保険、生命保険で補聴器を支給されることはありません。 ただ、 身体障害者福祉法による手帳をお持ちの方には、 難聴の程度に応 じ補聴器の支給を受けられる制度があります。 補聴器の購入に対 する補助制度は居住する市町村により異なります。 居住する市町 村の福祉担当窓口にお問い合わせください。

医療費控除

補聴器が医療費控除の対象となるケー スは、 メガネと同様、 医師の治療等で 必要とされて購入した場合に限られま す。 確定申告の際には、 補聴器代金の 領収書のほかに、 治療の対象となる疾病 名や、治療を必要とする症状であること が記載されている処方箋を確定申告書 に添付してください。 詳細については申 告する税務署にお問い合わせください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です