補聴器には、 どんな種類がありますか?

A. 大きく分けると、 耳かけ型、 耳あな型、ポケット型の3種 類です。 この中で、普及しているのが、 耳かけ型と耳 あな型 (オーダーメイド)です。
認定補聴器技能者に相談して、 あなたの聴力に、また、生活スタイルに適した補聴器を選んでくださいね。

耳かけ型

耳にかけて使うタイプです。 とても小さく、 カラフルでおしゃれ な種も登場していますので周囲の視線を気にすることなくご使 用いただけます。 させた。 RIC というタイプも登場しています。 (RICとは Receiver レシーバー (スピーカー) を、 耳の中に入れる部分に内

in the canal の略です。

耳あな型

あなの中にすっぽり収まるタイプです。 目立たないのが特徴で すっぽりと耳あなの中に入る小型のものや、耳の入り口までくる 大型のものがあります。 耳の形状と聞こえ程度にあわせ作る オーダーメイドタイプが一般的です。

※オーダーメイドタイプ

耳のあなの形状や「聞こえ」は、一人ひとり違います。とくに、 「耳あな型は、 耳のあなにフィットすることが大切。 オーダーメ イドタイプは、 「聞こえ」 も 「カタチ」もあなたにあわせて作る。 あなた専用の補聴器です。

ポケット型

本体をポケットに入れてイヤホンとコードでつなぐタイプです。 スイッチやボリュームが比較的大きく、目で見ながら操作できます。 器種によっては高出力が得られ、大きな音が出せます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA