古河市で補聴器を買うと、市から助成してもらえますよ!

古河市役所からの引用となります。

○古河市白内障補助眼鏡、補聴器購入費等助成事業実施要綱

平成18年3月31日

告示第103号

(目的)

第1条 この告示は、高齢者が必要とする白内障補助眼鏡用レンズ、補聴器若しくはストマ用装具の購入に係る費用又は養護老人ホーム入所に係る健康診断書料(以下「白内障補助眼鏡、補聴器購入費等」という。)の全部又は一部を助成することにより、高齢者の経済的負担を軽減し、高齢者福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 本事業の対象者は、別表の助成対象品目に掲げる区分に応じ、同表の助成要件に掲げるいずれにも該当するものとする。

(助成内容)

第3条 本事業の助成内容は、別表の助成対象品目に掲げる区分に応じ、同表の助成基準額に掲げるものとする。

(交付申請)

第4条 白内障補助眼鏡、補聴器購入費等の助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、当該費用を支払った日の翌日から起算して1年以内に、白内障補助眼鏡・補聴器購入費等助成金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 白内障補助眼鏡用レンズ購入費助成金交付申請用証明書(様式第2号。白内障補助眼鏡用レンズの購入に係る申請に限る。)

(2) 申請者に対して発行された領収書であって、品目及び金額が明示されているもの

(交付の決定等)

第5条 市長は、前条の申請を受けたときは、その内容を審査し、助成の可否を決定し、白内障補助眼鏡・補聴器購入費等助成金交付決定通知書(様式第3号)又は白内障補助眼鏡・補聴器購入費等助成金不交付決定通知書(様式第4号)により、申請者に通知するものとする。

2 市長は、前項の規定により助成を決定したときは、速やかに申請者に助成金を交付するものとする。

(助成金の返還)

第6条 市長は、偽りその他不正の手段により助成を受けた者があるときは、その者から助成に要した費用の全部又は一部の返還を命ずるものとする。

(台帳の整備)

第7条 市長は、助成金の処理に関し、白内障補助眼鏡・補聴器購入費等助成台帳(様式第5号)を整備するものとする。

(補則)

第8条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年告示第81号)

(施行期日)

1 この告示は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の古河市白内障補助眼鏡、補聴器購入費等助成事業実施要綱の規定は、この告示の施行の日(以下「施行日」という。)以後の白内障補助眼鏡、補聴器購入費等について適用するものとし、施行日前の白内障補助眼鏡、補聴器購入費等については、なお従前の例による。

附 則(平成27年告示第322号)

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の古河市白内障補助眼鏡、補聴器購入費等助成事業実施要綱の規定は、施行日以後の申請に係る白内障補助眼鏡、補聴器購入費等の助成について適用し、施行日前の申請に係る白内障補助眼鏡、補聴器購入費等の助成については、なお従前の例による。

附 則(令和3年告示第105号)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA